YBR125が入院しました(原因から帰還報告まで)

こんにちは、ジムです。

本日、オイル交換のためお店に持って行ったYBR君が入院しました。

オイル交換のついでにチョークの様子が変なんだーって相談してみた結果、整備士さんがキルスイッチを入れたが最後、不動になりました。

現状謎だらけ。

とりあえず見てみますとお店の整備室へ連れていかれたが最後、帰ってくることはありませんでした。

整備士さん曰く「謎」だそうです。

セルを回そうとするとタコメータが動き出したり、ヘッドライト点けるとインジケーターが暗くなったりとはちゃめちゃな動きをしていました。

入院して数時間後、電話が。

 

 

代車になってふて寝からの寝起きで電話に出たら

整備士さん「エンジンかかりましたよ!!」

との報告でした。めっちゃ嬉しそうに。(とどめさしたのが整備士さんだったので安心していた?)

で、原因を聞いてみるとどうやらバッテリーが故障?していたようです。

もともと韓国製のバッテリーを積んでいて、購入した時も載せ替えが推奨されるような代物でしたのでそんなもんかなぁと。

テスターみたいなバッテリーの状態を判断できる機材に繫いでみたところ、「警告」表示になるそうで相当ヤバかった模様。

実際にお店に取りに行ったときにも見せてもらいました。(その診断用機材はすごく古そうだった。。。)

 

で、かかった費用は18000円。バッテリー代で15000円。技術料1300円、残りはオイル交換代金。

痛い。現状金欠状態でのこの追い打ちは痛すぎる。

というか15000円するバッテリーってなんですか!

即納されたから我慢して払ってきたけど高くない!?

 

…せっかくなので少し調べてみよう。

互換品は安いもので3000円くらいから高いものは10000円程度まで様々。

この原因は中国製日本製かの違いのようです。

やっぱり中国製安いなぁ…( ゚Д゚)

で、今回交換してもらったものは日本製のいいやつ。

ここで1万円というのはなんとなく理解できた。

で、残りの5000円分。

これはおそらく使用していたバッテリーの処分費用とかになるんじゃないかと。

って思って調べてたら、確かに手間はかかるみたいだけどお店に持っていくなどすれば無料で引き取ってくれるらしい。

調べた中で一番わかりやすかったのはナップス。そういうサービスがあるようです。

…5000円返して…?

あとありそうな要因はなんだろう…保管とか充電とかかなぁ

….。次からは自分で予備買っておこう…。

新年早々痛い出費と勉強代でした…。

まぁこれでしばらく快調に走ってくれればいいのですが。

0

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください