突撃!静岡ホビーショー2018 モデラー展示の巻

こんにちは、ジムです。

前回に引き続き静岡ホビーショーの話題です。

今回はモデラー展示の方を見ていきます。

と、その前に入口で見つけた自衛隊の戦車!

やっぱり模型となるとガンプラもありますが、こういった実在するものを作るのもありますよね。

ミリタリー系と呼ばれるものですね。

ジムも兵器ですので、こういうときによく観察してガンプラに落とし込んでいきたいものです。

 

世の中すごい人はたくさんいますね。

同じプラモを作ってる人とは思えないような作品を作り出す方がたくさん居ました。

…年配の方が目立ったのは少し残念でしたが。やっぱり少ないんですかね、若いモデラーさんて。

居ないことはないと思うんですけどね、twitterでも結構見かけますし。

仕事が忙しいとかそういうことなんでしょうか。日本の働き方がここにも影を落としている気がしました…

 

さて、気を取り直して作品を見て回ります。

一際目立っていたのはこのペーパークラフトユニコーン。

1/10くらいでしょうか、とても大きかったです。

近寄ってみてみると、各所で紙っぽいところがありペーパークラフトであることが分かりました。

完成度はとても高いなぁと思いました。あと根気がすごい。

 

少し歩くと…発見発見しました。ジムです。

放水訓練中の陸ジムだそうです。

水の表現が工夫されていて面白いですね。あと家の作り込みすごい。

家はフルスクラッチという説明がありました。マジかよ( ゚Д゚)

陸ジムはほどよくウェザリングされていてカッコいいですね!

…ところで、近くに立ってる人はこの数秒後びしょ濡れになるのでは…?(笑)

 

ふと周りを見渡してみたら、なんかすごいのがいました。

段ボール ザクスナイパー

段ボールで作る機体のチョイスが渋いですね!!

愛を感じます。デティールアップパーツも付いてて良いですね!

結構な大きさで迫力もあって面白い作品だと思いました。

 

ビグロマイヤー

つやっつやの塗装がかっこいいですね。

手間暇かけて作られたのが伝わってきます。こういうつやつやな塗装は下地から大変ですからね。

いつか私もこういう塗装にチャレンジしたいなぁと思いますね

 

こんなジオラマもありました。

水の表現がすごい。どうやって作ってるのかすごく気になりました。

いつかジムでこんなジオラマを作ってみたいものです。

 

以上気になった展示作品でした。

全体で展示されている半分以上はミリタリー系ですので、そちらに興味があるかたはもっと楽しめると思います。

あと気さくに人に話しかけることが出来る人は、展示ブースにいる製作者さんにお話を聞くこともできるのではないでしょうか。

他にもたくさんありましたが、今回は私の印象に残った作品を紹介させていただきました。

 

早くいろいろ終わらせて私もガンプラ作りたーい!!!!

0

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください