最近流行りのPUPGしてみた。

こんにちは、ジムです。

最近PCゲーム界隈で人気のPUPG。

ドン勝という謎の言葉。

流行りには乗っかってみるスタイルで買ってみました。

ゲーム内容は現地調達した武器で最後まで生き残る。(ざっくり)

ゲームが進行するにつれてマップ範囲が狭まるため戦闘は頻発します。

最大同時対戦人数は99人のようです。

この辺は現在開発中であることから、まだ増えたり減ったりするのかもしれません。

乗り物もあります。

買って数日は全然勝てず、「向いてないのかなぁ」とか思ってみたり。

 

しかし、ある日、私はある物に出会ってしまった。

 

 

それはただの交通事故のはずだったのです。

ヴァス(↑の写真の車)で移動中、たまたま通りかかった人を轢いてしまった。

画面に輝く「1キル」の文字

普通に銃撃戦しても全然勝てなかったのに、いとも簡単に倒せてしまった。

 

ひ ら め い た !!

 

撃ち合いで勝てないのなら車を使えばいいじゃない!!

という酷い思いつきにより、私はPUPGを楽しめるようになりました。

ちなみに現在の最高戦績は・・・

2位!!

ドン勝一歩手前まで行けました。

 

最後の5人くらいまで生き残れると、緊張感が高まり面白くなってきます。

ドーパミンがダバーって感じです。

勝ち上がるためには実力やら戦略やら運やらと、いろいろ要素がありますが、やってれば案外なんとかなるのかもしれません。

 

さて、このPUPGはFPSとTPSが合体したようなゲームで、動きに結構強いクセがありますが、慣れればなんとでもなります。

ドン勝まで突撃あるのみ!

です。ちなみに私はまだソロでドン勝出来てません。

友人とチームを組んだら1回だけできました。

 

この記事を投稿している現在ではこのPUPGは開発中となっており、アップデートが続いています。

現在はマップが1つしかなかったり、ちょいちょいバグがあったりしますが、そのうち改善されるのでしょう。

個人的にはマップを増やしていただきたいですね。

天候変化があるとはいえ、1つだけだと、だんだん飽きてきます。

それでも降りる場所や戦況は毎回違うので、楽しいといえば楽しいですが。

 

慣れるまでは心が折れそうになりますが、一度上位に行けると、とたんに辞められなくなります。

かなり中毒性が高いゲームだと思いました。

 

では、私は再び戦闘に行ってきます。ノシ

 

0

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください