YBR125K (2013カウル付き) 5000km突破レビュー

こんにちは、ジムです。

今年の4月から乗っているYBR125Kの総走行距離が5000kmを突破しました!

5036kmになりました。

さてこのYBR125K。

私が乗っているのは2013年モデル。

 

 

主な特徴

・キャブ車

・MT 5速

・シフトインジケーター有

・キルスイッチ付き

・中国製

・センタースタンドが付いてる

・125ccなので自動車専用道路を走れない

 

走ってみて。

上でも書いた通り中国製です。これを買うときにも店員さんに何度か「中国製ですけど大丈夫ですか」的な事を言われました。

私は別に中国製にネガティブなイメージがないので流してました。実際、今まで特に大きなトラブルには逢っていません。

バッテリーとかタイヤとか結構劣化が早いらしい。この辺は気にしておきたいところです。

乗り心地は・・・ほかに乗っていたものが50ccのDUNKしかないので比較しにくいのですが、まぁ悪くないと思います。

長時間乗っているとお尻が痛くなったりしますが、それはどのバイクでも同じかと。

スピードを求めて、とか性能を求めてこのバイクというのはお勧めしませんが、「価格を安く」「ある程度走ればいい」という場合はお勧めできます。

そこらへんの自動車の流れにはきちんと乗れるだけの力があります。出足遅いけど。

 

私の用途

主に通学。片道約20km。

毎日荷物があったりヘルメットを学校で持ち歩くのが面倒なため、リアキャリアとリアボックスを装備しました。

荷物はDUNKのほうがいろいろ載せられました。

原付二種になって二段階右折とか30km制限から解放されて快適になりました。

 

気になるところ

デフォルトのヘッドライトが暗い気がします。特にメットのシールドをスモークにしてからは夜がとても暗いです。ヘッドライトは明るいのに交換したほうがいいかな・・・?

メーターパネルに時計が無いです。DUNKにはついていたので少し不便に感じます。←腕時計で解決

キャブ車なのでエンジンを掛けるのに少し手間がかかります。ここは完全に慣れです。

125ccなので高速道路などの自動車専用道路に乗れない。仕方がない。偶に普通の道路から急に高速道路になったりする道もあるので注意が必要です。(間違えて入った人→(凸))

そんなこともあって250cc以上のバイクが欲しくなる。←完全に沼。

 

まとめ

原付から初めてのMTバイクでしたが、なんとか乗れています。

キャブレターとか最初は戸惑いますが、いい勉強かな、と。

通学でも特に不自由しませんし、下道であればどこでも行けるので便利です。

これと言ってここがスゴイ!!ってところはありませんが、その分値段が安いとか、燃費が良い(平均45km/l)とかありますので、普段使いにはとてもいいかと。

最近はこれの後継機のようなFI車になったYX125とか出ているのでそちらもおすすめ。特にメーターパネルが一新されてスゴイかっこいいです。

原付二種、楽しいです。

一台いかがでしょうか。

0

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください