ARCHISS Maestro 2S キーボード購入

こんにちは。

一年前くらいにレビューを書いたG413君がチャタリングを起こし始めたのでキーボードを買い替えました。

買い替えの際に省スペース化したいと思いテンキーレスを探していたのですが、お店を歩いていたらとても良さげなやつが居たので一目惚れで買いました。それがこちら。

ARCHISS Maestro 2S (スピードシルバー軸)

約16000円なり。キーボードにしては高い。

しかしブログを書いたりゲームしたりツイッターしたりとキーボードは酷使するので多少高くてもいいものを買いたいという。

で、今そのキーボードで打ってるんですが。なかなか出来るヤツ。

  • キーが軽い
  • 表面が梨地加工(?)で手触りがいい
  • 色合いが渋い
  • 省スペース
  • ケーブルが脱着式で取り回しやすい

などなど、いろんないいところが。

打鍵音もいい感じ。そしてゲーミングデバイスではなくなったので光りません。

2019/09/26追記 ↑嘘でした。winキーロックしたらスペースキーの手前が赤く光ります。あんまり気にならない程度に。

 

光るのが必要かどうかはさておき、まぁ落ち着いた感じになりました。

ゲーミングでは無いとはいえ、winキー無効化とかそういうツールはついてます。

PCにソフトを入れる必要はなく、キーボード裏のスイッチで設定できる。シンプルで使いやすい。 

一部省略されたキーもFnキーと同時押しで入力できるのでほぼフルサイズキーボードと同じ感覚で使えます。

あとはこれから使ってみて耐久性などですね。

文字の印刷は昇華印刷?ってやつで剥がれにくいらしい。

個人的には文字の印刷より表面の梨地がどのくらい持つのかが気になるところ。

これ手触りが良くてとても心地良いので、つるつるのやつに戻れなくなりそう。

すぐにつるつるにならないよう願うばかり。

 

ちなみに内容物はこんな感じでした。

左からUSB A-C変換アダプタ 交換用キー USB miniBケーブル キー取り外し工具 です。

変換アダプタは地味に便利かもしれない。最近導入したsurface Go君にも使える。またこのキーボードに限らずいろいろ使い回せるので持ち歩こうと思います。

交換用キーは設定を変えた場合に使う、、、はず。ctrlとかwinキーとかが入れ替えできるのでそれ用かと。

ケーブルは普通のケーブル。キーボードを繋ぐのに使います。

工具は掃除とかするときに便利ですね。しばらく使う予定はなさそう。

 

最後に。

このキーボード、かなりバリエーションが豊富に出ていてキー軸だけで6種類、さらに日本語配列とUS配列があるので12種類あります。

また省スペースではないフルサイズのキーボードも出ているので、もし新しいキーボードを探しているのであれば候補に入れてみてください。

多分お望みのキーボードがあると思います。

1+

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください