ジャストフィットマウスパッド

寒くなったり暑くなったりをあっちこっちしている今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

私は今日も在宅で書類書いたりゲームしたりです。

ここまで在宅作業が多いとPC周りの環境を良くしたいという向上心が私の中で大きくなってきます。

しかし3月末には引っ越しが控えているため大きな家具や高額な買い物は避けたいところ。

とはいえ買い物欲は収まらないので今買って来月邪魔にならなくて、かつ金額が高くないものということでマウスパッドを新調しました。

今回買ったマウスパッドはコチラ

ARCHISS Massive Desktop Mat

寸法は760×300×5mmです。お値段は約1500円。

私の使っている机の横幅は900mmなのですべてをカバーできるわけではありませんがこれがフィット。

何にフィットするかというと、自分の手の動く範囲に。

テンキーレスサイズのキーボードとマウスを置いていい感じの余りがあるとってもジャストな一枚です。

一般的にデスクマット型のマウスパッドは横幅900mm前後なんですが、これだと大きすぎて今まで買うのを渋っていたんですよね。あと材質がいい奴は高すぎる。

例えばこれまで使っていたsteel seriseのQCK heavy シリーズで似たようなものを探すと…

https://jp.steelseries.com/gaming-mousepads/qck-heavy-series?size=xxl

サイズが900×400×4で約4000円。

デカいし高い。私の机はそんなに広くないんです…。

大は小を兼ねるとは言いますが、マウスパッドの上にはキーボードとマウス以外置きたくないので机の上に置けるものが大きく減ってしまいます。

そういうわがままな条件をすべてクリアしたのがこのARCHISSのマウスパッドでした。

キーボードでもニッチな需要にいい感じのコスパで答えていただいて、最近お気に入りのメーカーになっています。

メーカー名はアーキサイト(ARCHISITE)でその中の自社ブランド名がアーキス(ARCHISS)。

 

さてマウスパッドに話を戻しましょう。

表面はQCK heavyより少し滑るけど滑りすぎることはない、いいバランスな表面です。

裏面はラバーで滑り止め加工。普通に使っていればずれることは無いでしょう。

梱包時は丸まっているので開封すると少しクセが付いていますが、逆向きに丸めればすぐ取れるので問題ナシ。

個人的にいいなと思った部分は爪でひっかいても跡が残らないこと。QcKは凄い残ってすぐ汚れたので。

あとデスクマットサイズはキーボード側の手首も机に直接当たらなくなって快適です。文字入力が捗ります。

在宅作業が増えた今、少しのコストでPC操作の快適性を上げたい方におすすめの一品です。

おひとついかがでしょうか。

ちなみに今使っている同ブランドのキーボードについてはコチラから

0

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください