「時は金なり散財」第一弾

一人暮らしには大分慣れてきたけど仕事は微妙な私です。

こんにちは。

 

今回は「時は金なり散財」と題して時短、自動化家電を購入したのでそのレビューになります。

第一弾はコチラ

皆さんご存じルンバです。

いわゆるロボット掃除機というヤツ。今回購入したのはルンバの最下位モデル「ルンバ692」です。

Amazonブラックフライデーで22,000円でした。

できる事は掃除とGoogleHomeなどとの連携だけ。部屋のマッピングとかはできません。

あと吸ったゴミも毎回捨てる必要があります。

とはいえこれで自分で掃除機をかける必要が無くなるのでかなりの得。

現在の使い方としては平日の昼間に勝手に動き出して、気が向いたら充電基地に戻ってもらってます。

仕事から帰ってきたら充電基地にルンバがいることを確認してゴミを捨ててあげます。

充電中のルンバ君。

 

今の使い方

掃除する場所はキッチンと居間で大体4畳のフローリング+約4畳の安物カーペットです。

購入する時はカーペットもちゃんと掃除できるか心配でしたが、実際使ってみたら今まで使っていたマキタの掃除機よりちゃんと掃除できてました。

ただ毛足の長いカーペットは巻き込んだりしそうなのでやめた方がいいかも。

あとケーブルが床に転がってるとルンバが動けなくなったり、ケーブルをタイヤ等に巻き込んで事故るので少し気を使います。

壁沿いに這っているケーブルとかは大丈夫。

現在稼働開始一週間程度ですが、今のところ迷子になったり外に散歩しにいったりという事はありません。

仕事行くときは玄関仕切りのドアを閉めています。これ忘れると玄関でひっくり返ったルンバとご対面することになりそうです。

 

ルンバの行動と対策

動きとしては壁にぶつかるまで進んでぶつかったら回って、また進むの繰り返し。

一応センサーが付いているのでぶつかる時の速度は控えめです。ただしセンサー位置より低い壁だと勢いよく突撃します。

傷が気になる場合は対策を考えた方がよさそう。

あとルンバがすっぽり収まるような隙間は一度入ると脱出に時間がかかるので埋めておいた方がよさそう。

私も一か所発見したので埋めました。

ここを・・・
こう。

こんな感じでルンバが掃除しやすいように環境を整えました。

今後はルンバ様のお掃除を邪魔しないよう生活することになりました。

はい、床にひものようなものは放置しません。がんばります。

 

使用するのに工夫したところは上のところくらいであとは勝手に掃除してくれます。

google Homeとも簡単に連携できたので、休みの日は出掛ける時に「掃除して」って言うと帰ってくるころには綺麗になってます。

あとはトイレと洗面所が残っているのですが、間取り上ここをルンバでやるのはちと難しいので気が向いたら自分でやります。

 

時短効果について

毎週土日に掃除機かける時間=20分が毎回ゴミを捨てるので約1分に短縮。

おまけで掃除頻度も上がって部屋の綺麗さが毎日保たれます。すばらしい。

土日の20分が空いたという事はこうしてブログを書いたり原神のデイリーを余裕をもってこなすことが出来るという事。

時は金なり。素晴らしい。 

 

おまけ

壊れたらラズパイと組み合わせて何か遊ぶつもりです。

どうやらROSで動いているらしく、接続端子もどこかに隠れているのだとか。

 

以上、「時は金なり散財」第一弾でした~。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください