キャンプに行ったぞい(ウェルキャンプ西丹沢編)

こんにちは。小中高生は唐突に春休みが始まったりしている今日このごろ。

大学生な私は2月から春休みです。(必要に応じて大学には行くが授業はない)

そろそろ休みっぽいことしたいなーってことで海外旅行を計画していたのですが、例のヤツ、新型コロナウイルスさんの影響により中止になりました。

関係ないけど個人的にはコロナに対して騒ぎすぎな気がしないでもない。インフルと同じやろくらいに思ってます。

あと転売と買い占め、マジデヤメテ。

 

ちなみに目的地はタイでした。行けそうだったのですが、日本の状況が悪く帰れなくなりそうだったので中止の判断。飛行機代は帰ってこない模様。カナシイ。

そんなやるせない気持ちを吹き飛ばすため、同じく海外旅行に行く予定だった友人とともに唐突にキャンプへ。

 

目的地はウェルキャンプ西丹沢。

富士山付近に行きたかったけど、だいたいのキャンプ場が4月~とのことで近場へ妥協した結果。

このためにいろいろ買い物をしました。

大体こんなかんじ。これらをいつものリュックに詰め込んで…

荷造りをして(友人曰くデスストセット)、いざ出発。今回は友人の車で。

道中道の駅等に寄り道しながら…

到着!!(使いまわし画像)

実は前回のツーリングで来たことがある場所です。良さげなキャンプ場だったので来てみた。

車乗入れ可で直火OK(場所により不可)なキャンプ場です。今回は焚き火がしたかったのでちょうど良かった。

ほんで到着したらまずテントを設営。初めての設営で写真を撮るのを忘れる。。。。

次に火起こし。せっかくファイアスターター付きのナイフを買ったので使ってみようとマグネシウム棒を削ってみる。

しかし用意した枯れ葉や小枝に火がつくことはなく、諦めてライター。

そして火を育てて炭を育てて、、、

メタル賽銭箱で肉を焼く!!!

これがやりたくてキャンプに来たと言っても過言ではない。炭火焼肉は最強。

他にも焼き鳥とかウィンナーとかマシュマロとか焼いて食べれそうなものをチョイスして食す。

焚き火もあったので

焼き芋を作るなど。

アルミホイルで二重にくるんで焚き火に放り込むだけ。かんたん。

同じ方法で玉ねぎを焼いたらジューシー玉ねぎステーキが出来た。めちゃうま。

そうこうしているうちに日も暮れてきて、冷え込んできた。

火を囲んで雑談するというのもまた一興。煙が目に染みて大変だけど。

あーだこーだいってるうちに夜も更けて、テント内へ。

外気温はだいたい4℃前後。しかし買ったシュラフとマットで特に着込まなくても全然寒くなかった。

ただし寝心地はそんなに良くない。これはシュラフよりマットの問題かな。金銭的余裕があればコットというものも試してみたいところ。

で何度か目が覚めたりしながら翌朝。。。。

写真ではわからないけど雨。

撤収がハイパー面倒だった。雨具を何も持ってなかったので。(天気予報で雨なの分かってたけどなぜか忘れた)

河原なので水はけが良いのか、テントに浸水する等の被害は出なくて幸いでした。そんなに強く降っていたわけでもないけど。

寒さに震えながらテントやら焚き火やらの撤去を終え、帰路へ。

途中箱根へ行き温泉にいったり。寝不足もあってか死にかけな顔をしながら帰宅したとさ。

 

おまけ

雨の中撤収したため新品のテントが濡れたまま収納されてしまった。

普通に考えてカビとか汚れとかいろいろ問題があるので干す必要がある…気がする。

帰宅した頃には雨がやんでいて、次の日は晴れ予報だったので急いでベランダに干しました。

しかし完全ではなかったので….

テント干しを兼ねたデイキャンプへ。なんというストロングスタイル。

これが春休みパワー。

場所は田代運動公園から入れる河川敷。なんと無料開放されている。

平日だというのに結構な人が来ていて、なんとなくコロナの影響を感じました。

今後キャンプ用品の手入れでスペースに困ったらここに来ることにします。そこそこ近いので。

テントを干しながらピザを焼いてました。

灰の処理は持ち帰りなので多少面倒ですケド。綺麗に使えばまた次も使える。大事。

実はこの近辺には他にも無料キャンプ場…というか開放された河川敷があるらしい。また後日行ってみたいと思います。

1+

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください