衝動買いしたスピーカーを噴水にするまで(arduinoと謎噴水)

7月終わりに衝動買いしたこのスピーカー。

とりあえず使ってみるも噴水は安定しないし、めっさ明るく光るしで扱いに困り果ててしまいました。

そうして一日悩んでいたら、「そうだ、噴水にしよう」という謎の考えが浮かび、とりあえず分解してみることに。

さてさて中身は・・・

 

 

メイン基盤とスピーカー。

もうね、シンプルで助かった。

あの立ってるヒートシンクは意味があるのか?

すごい付け方してるケド・・・

 

そんでモーター&LEDユニット

このスピーカーもとい噴水システムはUSBで動いていたので5Vあればすべて動かせると判断し、手元にあったarduino uno君で動作テスト。

 

LEDの発光テストから

arduino君(すでに噴水システムの制御を担っています)

LEDの線をGNDと9番ピンへ差し込み・・・(+-に注意)

void setup(){
pinMode(9,OUTPUT);
}
void loop() {
digitalWrite(9, HIGH);
delay(1000);
digitalWrite(9, LOW);
delay(1000);
}

こんな感じのLチカプログラムを書いて、いざ!

・・・・・

ヒカッタァァァァァ!

うん、光りました。

ついでにPWMで明るさもかえちゃおう!

・・・というわけで、プログラムを

void setup(){
pinMode(9,OUTPUT);
}
void loop() {
analogWrite(9, 50);   //明るさは255まで指定可能だった気がする
delay(1000);
analogWrite(9, 0);
delay(1000);
}

てな感じに変えると・・・

暗くなりました。

デフォルトの明るさだと目が痛いからね。

だいぶ優しくなりました。

さて、お次はモーターの制御です。

arduino君でDCモーターを制御するにはそのまま接続!

・・・とはいきません。

回転スピードや回転方向を制御するためにモータードライバというチップを使います。

今回は

コレ。TA7291pというモータードライバを使います

秋葉原の秋月電子で2コ入り300円でした。

これとarduino君とモーターとをつないで、動かします。

 

問題のつなぎ方ですが・・・

左側がモータードライバ。

7pin ロジック側電源端子→arduino 5v pin

8pin 出力側電源端子→arduino 5v pin 本当は電池などの外部電源。

4pin 制御電源端子→arduino 10pin 速度制御用

1pin GND→arduino GND pin

5pin 入力端子→arduino 2pin

6pin 入力端子→arduino 3pin

2pin 出力端子→モータへ

10pin 出力端子→モーターへ

モータードライバのpin番号は切り欠きのある方が1pinで一番右側が10pinになります。

3pin 9pinは使いません

上記のようにつなげてプログラムを

void setup() {
pinMode(2,OUTPUT);
pinMode(3,OUTPUT);
}

void loop() {
digitalWrite(2,HIGH);
analogWrite(10,150);  //遅め
delay(10000);
analogWrite(10,255);     //全力
delay(5000);

}

とを書いて動かすと、モーターが回る。

水も上がる。

ちなみに本当は噴水の土台もグルグル動くんですが、

落ち着かないので分解したときにその機能は外しました。

噴水の強さはプログラムの数値をいじることで調節できます。

・・・というわけで。

これでLEDとモーターの制御ができるようになったので、これを組み合わせます。

・・・といっても、組み合わせるだけんですよね。

モーターを動かしたときの配線にLEDの配線を合わせて・・・

プログラムをちょちょいのちょい・・・っと

void setup() {
pinMode(9,OUTPUT);
pinMode(2,OUTPUT);
pinMode(3,OUTPUT);
}

void loop() {
digitalWrite(2,HIGH);
digitalWrite(3,LOW);
analogWrite(9,50);
analogWrite(10,150);
delay(10000);
analogWrite(10,255);
analogWrite(9,100);
delay(5000);

}

ほいな!

さてこれを動かすと・・・

噴水完成!

イルミネーションつきですよ。

プログラムを書き換えればイルミネーション噴水っぽい動きもできるかもですね。

 

さて今回の衝動買いから始まった自由研究(?)はとりあえず完成しました。

この夏の間くらいは噴水の音で涼もうと思います。

 

今回使用した物

ドンキで売ってた噴水付きスピーカー

arduino uno

モータードライバ TA7291p

ジャンパワイヤ オス-オス 10本

小さいブレットボード

 

以上、大体1万円行かないくらい。

 

せっかくの夏休み、arduinoで電子工作はいかかでしょうか?

とりあえずarduino持っていると、いろいろ使えて楽しいです。

 

そんな感じで、自由研究「噴水制作」でした。

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください